読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

(*´▽`*)

あきらめかけていたiTunesが、バージョンアップにより正常に動作するようになりました。

 

iPodをさしこむと動作を停止しました…

ストアに行こうとすると動作を停止しました…

 

アップルのサポートにまで電話をしました。

新しいPCを買おうか、というところまでいきました。

 

アップデートが来ました。

解決(ほぼ)しました。

まだあと一つ懸念が(動作しないデバイス二つのうち残り一つをまだ確認していない)

ありますがなんとかなり…いや、なるのか?

昨年の今頃はコタツが出てたんだよ…

おはようございます。加藤国春です。

日々の色々を書きとめている紙のノートがあるのですが、このたび本日6冊目を終了しまして約一周年を迎えました(一冊60pくらいで約二か月です)。いえーい。

 

なので今日ノートを新しいものにしました。で、去年の今頃ってどうしてたんだろうなと思ったので読み返してみてちょっと驚きでした。

コタツを出していたみたいなんですよ

「猫がコタツから出てこない」という記述があったので判明したんですが。

今年は炬燵どころか、きのうは30度越えの夏日でクーラーをつけてしまったというのに!

昨日は例年より5度も高かったらしいので今年が暑いんでしょうね。

続きを読む

恋愛道は百鬼夜行魑魅魍魎!

papuriko.hatenablog.com

 

f:id:kuniharu_k:20160923191431j:plain

 

買いましたよぉおおおお。

発売を記事で知って、Amazonで買うか実店舗に行くか迷っていたのですが、このたび通院のついでに購入しました。

最初の本屋では無いと言われ、隣の本屋にあったりしましたがそのへんはそのうち本館で。

蛍ピ三色刷り(っていうのか?)がまぶしいです。

ぶっちゃけ蛍光ピンク背景に藍文字はお眼眼にキますが、頑張って読破したいと思います。

内容はまだ全部読んでないんですがいやー、いますねこういう人。

自分は何故か、自称Sのモラハラ野郎とやたら知り合います。

喋ると長くなりますが、Sというのは『Mというご主人さま』の存在なくしては存在できず、いかに相手の悦びを引き出すかと言うのが……(中略)……であるからして、自分が気持ちよくなるためだけに相手にきつい事をするというのはただの暴言クソ野郎であって……(中略)…まあとにかくひどいやつというのは男女問わずいるもんです。

 

あと関係ありませんが、tty書店(トゥタァヤ書店)ではこの本、サブカルチャーに分類されておりました。

サブカルチャーなんですね。

恋愛論とかそういうジャンルじゃないんですね

 

また本館に感想を書く…かも!

 

 

シムズフリーの和風家屋はツッコミどころ満載

ゆるやかゲーム日記

The Sims フリープレイというアプリゲームをやっております。

The Sims フリープレイ - EA

 

あのSimsのスマホゲームですね。

基本無料です。

 

先日アップデートがきまして、新しいフィールド(?)が繋がるようになりました

鉄道に乗っていくそうなんですが…

f:id:kuniharu_k:20160908192302p:plain

こういうイベントをクリアしないとならんそうです。

というかトーマスて。

プラットフォーム5と4分の3て。

 

これってアメリカのゲームですよね。

トーマスも、プラットフォームなんぶんのなんとかも、確かイギリスが舞台ですよね。

いやいいんですけど。

あとアジアン家具増えないかなあ。

 

 

f:id:kuniharu_k:20160908192826j:plain

警察署に来た怪しい人々。

 

 

主観で「ポケモンGO」の話題度合い

メモです。

※個人の主観観測範囲内です

 

ネット

twitter=TLにプレイヤーがいるものの、ほぼいつも通り

Togetter=すごい。

pixiv=一瞬流行のタグにきたものの、すぐにいつも通りに。

全体数は増えているのだろうけどトップには上がってこず。

はてな=それなりに。

 

リアル

まだプレイしている人に直接遭遇していない。

同居の家族は、テレビニュースになったので知っているようだ。(お金かかるの?と聞かれた)

イオンとファミマは普通に妖怪ウォッチ推してた(イオンは実物販売だからわかるけど)

 

ざっくりこんな感じ。

浮気がヒトの本能なら、浮気野郎をリンチするのもヒトの本能!

こんばんは、スクールデイズアニメ版はとってもいいボートでしたね。

タイトルだけ思いついて中身をまるっきり考えていなかったのですがダラダラと書こうと思います。

 

浮気は本能―…。

不倫は文化ともいうそうですが、たまに聞くフレーズです。正確に言うと浮気は男の本能、です。

あまり男女論に持ち込むのは好ましくないのですが(現実、異性間で浮気する限り同じ数の女も浮気をしているわけですし)、この台詞を男の側が使っていたりするのでもうこの際、余計な事は考えないようにします。

 

早速脱線しますが似ているようで全然違う台詞に「浮気は男の甲斐性」という言葉があります。

これはどちらかというと「甲斐性のない男は浮気なんぞすんな」という意味合いですね。

複数の女を同時に満足させる(少なくとも不満を溜め込ませない)ほどの稼ぎとマメさとオーラを兼ね備えていない雑魚野郎はお呼びではないのです。

一夫多妻の社会はこれですね。勝ち組の男性が多数の女性を妻として、貧しい男性は天国で72人の処女がどうのこうの。

最近どっかで読んだ話では、昔の日本もけっこうそんな感じだったそうですね。

 

ヒトはほっとくと強いオスがメスを独り占めするハーレムを形成する生き物なのかもしれません。

そこだけを考えると浮気は人の本能、なのかも。

とはいえ、本能のみにてヒトはあらずです。理性と言うものがあります。

 

現在の日本では、不貞をした配偶者に対する制裁は民法にのっとりなされるのが最も正しいとされるようです。

大好きな人は寝る間も惜しんでまとめサイトを読みふける、不倫した配偶者への制裁話はネットで検索すればそれはそれは大量に出てきますね。

なぜこんなに楽しいのでしょうか?

それは、腹の立つ相手がぶちのめされるのを見るのが楽しいというヒトの本能によるものなのです(飛躍)。

その証拠にこの民法による「法的処置」ですが、違法にならない範囲上限ぎりぎりまでいかに過激な条件をつきつけるか。いかに不貞カップルに恥をさらさせ、社会的にどん底まで蹴り落とすか。

過激であればあるほど好まれます。

続きを読む