読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

職業に貴賎はないと

公務員の給与削減ニュースをみていてふと。

 

公務員給与削減ニュースで「ザマァww」と喜んでいる方がいますが、どういった立場の方なのでしょうね。

自分としては「公務員の給与が下がれば、その分民間も下げに来る可能性が高い」ことや「給与が下がれば景気が下降する」といった不安、なによりも「むやみやたらに人の足をひっぱって悦ぶ感覚があまりない」などの理由より、こういうニュースには喜べないのです。

 

まあ自分は下種なので、「悪いことをしたり人を踏みにじってのさばった奴がおちぶれる」なんてのはけっこう好物なのですが(文字にすると改めて下種いな)、真面目に公務員試験を受けて働いている人がこうも悪し様に言われるのはなんか違う気がするのですよね。

中にはちょっとどうよ?という人もいますが、大抵の職場にはオカシイ人間が何故か高待遇だったりする例があろうかと思いますので、そこを責める気はありません。

 

実際現場の方々はどう考えていらっしゃるんでしょうね?

「さんざんバブルの頃に出来損ない扱いしておいて、今更嫉みで引き摺り下ろす気かよ?」とか思っている方もいるんでしょうか(バブルのころよく知らないけど)。

 

あと、どうせどのみち上層部は高待遇のまんまなんだろ?という政治不信があったりで複雑な思いですね。