本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

「モヤモヤ解説」にチャレンジしてみる(前)

おはようございます加藤国春です。

モヤモヤ解説"941のイクメン徒然" - 斗比主閲子の姑日記

 

「モヤモヤ解説」「育児論」ということで、こちら様を勝手ながら参考にさせていただきまして。

読んで「あ?」という気分になったニュース記事がありましたので、自分なりに「何故自分はこの記事にモヤモヤしたのか」をイチャモンつけ分析したいと思います。

 

わが子が天才・秀才になるかは10歳までの仕込みで決まる | ニコニコニュース

こちらが読んで「あ?」となった記事です。

では参りましょう

 

1.まず俺はプレジデントオンライン購読層ではない

トピシュ (id:topisyu) 以下、トピシュ氏とお呼びさせていただきます―氏のエントリ内にこのような記述がありました。

モヤモヤ(炎上の前段階)というのは通常とは異なる読者層に記事が届いてしまうことで生まれることがあります。

プレジデントオンラインはそのトップページからでもはっきりわかるように、ビジネスパーソン向けの媒体です。

あとおそらく、妻子もちの成人男性を想定しているでしょうね。家庭ありで働き盛りの成人男性です。

自分はビジネスパーソンではあるものの、未婚で未子育て世帯で、あげく持病持ちですのでこれまた購読層には属しません。

主観ではそれを差っぴいても「何言ってんのこれ」ですが…順にいきます。

 

2.スレタイ詐欺

最近多いですね、煽りタイトルで釣る記事。

ソースをちゃんと読むとそんな事は書いてなかった、元ソースを辿ると誤訳だった。

情報発信者側に悪意がなくても、人の脳を通すとやはり意図がクリアに伝わらなかったりするので仕方ないのですが、受け手側も気をつけていきたいところです。

さて、この記事もタイトルからして強烈な言葉遣いですね。

わが子が天才・秀才になるかは10歳までの仕込みで決まる

 

 「仕込み」ときましたよしこみ。しかも「決まる」と断定口調!

海外の統計結果や実験結果を紹介する記事にありがちな断定口調。煽りタイトルの一種でしょうこれは。

だいたい学問は「~である」という表現はあまり取らないと思うのです。「~である可能性が高い」「~であるという傾向が観察される」というような。~であると考えられる、てのも多いですね。

まずもって実験や統計には「誤差」を前提としていたりしますから。意外と世界はピッチリしたシステムで運営されてはいないみたいです。楽しくていいですよね。

この「仕込み」という言葉の選びにはモヤっとされた方が他にもいらっしゃったようです。

「モノ扱い感」に反感を招きやすい表現ですね。そこが煽りタイトルだと感じる所以ですが。

 

3.当たり前のことをさも大発見のように言う

連続引用まいります。

認知能力に占める遺伝的要因の割合は、幼児期には25%以下だが、思春期には約70%に。一方で環境的要因の影響は、幼児期の65%から思春期には25%以下に低下していた。素朴に考えれば、後年ほど環境的要因の影響が大きくなりそうなものだが……。

 

 小さいうちは親の影響力が強かったけど成長してなんか親に似てきたかも。って話ですよねこれ。

この手のニュースでまず警戒すべきは「どのような方法で調査を行ったか?」です。

親に聞いたのか子供に聞いたのか。脳味噌をスキャンでもしたのか。どのような設問であったか。どのような層に対して調査を行ったものなのか。

これを明示しない「研究結果」は、ふーん、位で流してしまったほうが良いというのが持論です。

向上心の強さを親から受け継いだ子は、難しい目標に挑戦するなど自らの向上心を満足させる行動を好む

じゃないでしょうか。向上心の強い親が楽しそうに色々なことにチャレンジするのを見て、その子供も親の真似をして色々と挑戦する。結果選択肢が広がる。親もチャレンジ好きだからそんな子供を広い視点で見つめられる。

 

ここでふと思ったモヤモヤポインツ。

「向上心」と「行動力」は必ずしも連動するものか?

「向上心」ばかりで、子供を締め付けるような教育を受けた人が、「向上心を満足させる行動を好む」か?

「向上心=(親の)自尊心」だと履き違えた親に「あなたはこうあるべき」と教育されて育った人が難しいことにチャレンジすることを必ずしも好むでしょうか?

好奇心の助成と強要をごっちゃにする方、たまに見かけます。自分はあれについては懐疑的な立場ですが、いかがでしょうか。

 

経済的理由などで情報や選択肢の少ない環境で育った子供たちは、より選択肢の多い環境で育った兄弟姉妹に比べ認知能力が全般に低く、かつ親からの遺伝的影響も小さかった

 

 異様にモヤモヤする一説です。

「毒親に搾取用として育てられた子は認知の歪みを生ずる傾向が強い」というのは2ch家庭板でおなじみですが…

気になるのは「遺伝的影響…」の部分でしょうか。

なんでしょうか、「恵まれなかった子供は親に似ない馬鹿だ」とでも言うのでしょうか。(悪意100%の解釈です)

ちょっと子供を馬鹿にしすぎではないでしょうか。

親の方針が子供に大きな影響を与えるのは事実でしょうが、子供はいつまでも親ばかりを見ているわけではないのですよ。