読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

大日本帝国のカウントダウンへのはじまり

歴史観

2・26事件:機密日誌 事態収拾、緊迫のやりとり - 毎日新聞

 

明日は2月26日ですね。

2.26事件についてちょっと思う所を書きなぐります。

 

あの当時の日本は国連は脱退するわ、海軍軍縮は嫌がるわ、さらにはとどめの昭和恐慌で東北地方の農村がかなり逼迫した状態だったと聞きます。

映画「二二六」で雪の中、決起青年将校が訓示する場面―東北では娘たちに身売りをさせねば生活もままならぬという趣旨のものですが―を見ての感想になりますが、この時点ですでにかなり詰みフラグが立っている気がするんです、当時の日本。

大日本帝国はどこから狂い始めたか」という議論は良く目にします。

個人的には「大日本帝国」がおかしくなったのはやはり国連脱退、そしてこの226ではないかなと感じています。

満洲事変もちょっとまずい感じなのですが、あれはどちらかというと「陸軍の暴走」という感じで、国家ごと暴走したというのとはやや違う気がするのです。

満洲のときも現場の暴走に政府があわてて取り繕う感じで力関係が微妙ではありますが一応まだ軍部は軍部政府は政府という体裁だけはあった。

226以降陸軍は主力派閥が入れ替わり、そのまま対中強硬派に牛耳られて泥沼に突っ込んでいきますが…この、文官が完全に無力化する決定的なターニングポイントが226なのかなあ…とよく確かめずに記憶だけで書いてみます。

226以前にも色々ありましたし、かの「話せばわかる」「問答無用」の515事件などの下地もあったでしょう。

しかし実際にあれだけの規模のクーデター未遂が起きれば、やはり文官政治家としては恐怖ではあっただろうなと思うわけです。

下手に軍部に逆らうと殺される…と。

このあと統制派に握られた陸軍は国家総動員体制に向かうわけですが、転換点はこのあたりに集中しているように思えてなりません。

 

そして満州事変を起こした石原莞爾が226の終息に奔走するという皮肉。

 

…青年将校たちにとって、あのクーデター未遂は愛国、愛郷精神ゆえのおそらく純真な正義感だったのかも知れません。

何故同胞がこんな目に…という感情もあったでしょう。ただ方法を間違えた。

当時の政党政治に失望ムードも漂っていたようですし政治家の腐敗なんかもあったのでしょうが…。

 

うーん。