読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

「東京裁判」へのつっこみどころと「東京裁判史観」へのつっこみどころの明らかにして雲泥の差

歴史観 本館用資料

見出しってみるよ

こんにちは。加藤国春です。

読みたい本があって探しているんですが、なんだかこのところ妙な書籍が多いですね。

やれ「日本人の知らない中国の闇」みたいなタイトルですとか、「日ノ本の感涙エピソード集」みたいな内容ですとか…正直言って、「ぇええー」とドン引きの連続でございます。

いや別に日本のいいところはいいところとして愛していけばいいんですけど、アピールしだすと途端にちょっとなんか…嫌ですね自分は恥ずかしいし。

 

さて、前ふりはともあれ今回は東京裁判とかなんとかを。

「国際社会は甘くない」←百も承知している - 独身貴族(笑)の雑記 − 30代リーマン

Twitterでふふーぃと流れてきたのでふふーィと感想などを。

続きます。

 

東京裁判への拭いきれない不信感

東京裁判というものについて、本館でも言及したことはないのですが…

本を読む限り、けっこうつっこみどころの多い「裁判」ではあると思うのですよ。

 

ウェッブ裁判長の謎の感情的行動とか。

ソ連の「それちょっと無理やりじゃね」なねじ込み案件とか。

秘密裏に交わされた、「天皇無罪」への導きとか。

 

…なにより自分がわけわからんのは、「国家弁護」「個人弁護」なる用語の存在です。

個人弁護はまだわかるんですが、国家弁護…用語として言いたいニュアンスは理解できるものの、実際に本を読んでもよくわからない。

というか、国家の罪という概念がよくわからない。

パル判事の名前が出ているのでそこに集中して読んでみましたが、彼は「日本軍はたしかに残虐な行為をした。が、彼ら(例の七名)に個人的な罪はない(証拠不十分的なかんじで)」というような事を言った…のかな、という理解です。

 

日本が、日本軍が残虐と言われるような行為をしたことは確か。

で、それを「法体系に沿って断罪すべき」としたときに誰がどういうポジションにいてなにがどーなってあーなったか、という話なんでしょうか。

 

なんか多分なんですけど、東京裁判はいろんなことをいっぺんに裁いちゃおうとしたのが割とまずかったんじゃないかなあと現時点での感想を述べてしまいます。

日中開戦、南京事件、南方戦線、日米開戦。この短い間にも日本の指導者は変わってしまっていて、それこそいろんな人がいろんなアレをやっちゃったんでしょうけど。

 

パル判事は、国家は悪さをしたけど個人に罪を問うのは証拠不足、と言った(例:松井石根)そうですが…

 

まず

国家弁護ってなに?

 

―いや、なに?

思わず「今更聞けない日本近代史用語集」とか作ろうと思ったレベルですよ。

私が無知なんでしょうが、あえて聞きます。

 

国家弁護ってなんなんだよ。

 

…おわる