読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

Let it Goの日本語歌詞がしっくりこないので考えてみた

こんにちは加藤国春です。

またもやアナと雪の女王ネタです。いやなんだかエルサにドハマリしているもので。

今回は、エルサの歌う「レットイットゴー」の日本語版を聞いてみたら歌詞が「え?意味変わってないか?」な感じだったので個人的なモヤモヤを解消すべくちょっと考えてみたいなと。

 

いやわかるんですよ。文字数とか、想定している客層とか、歌として歌えるか?というのは。

でもアレ、エルサを象徴する歌でしょう。ていうかあんなに前向きな歌じゃ…失礼。

モンクばっかり言っているのもよくないですね。

松たか子さんの歌唱力は好きです。でもあの歌唱力だからこそもう少し詰め込んだ歌詞でもいける気がするんです!

 

自分レベルで歌えそうに文字数とかリズムとか調整したらきっと…

 

というわけで。

 

 

 「Let it Go」(自分的)意訳バージョン

雪深い山の夜 足跡も消えて

閉ざされた王国 女王様はだれだっけ?  

風が心で響いてる

抑えきれない 努力したけど(ここはちょっときついかな…)

 

知られずに 見られずに

いい子でいなさい

隠しなさい 感じるな

でも だめだった

 

もういいわ これでいい

もう縛られたくない

これでいい もういい

後ろのドアを閉める

 

構わない 他人の言葉は

荒れよ嵐よ

寒さは怖くないのよ

 

なんだか何もかもが ちっぽけに見える

怖さに囚われてた でももう平気よ

 

試すの 限界を そして超えるのよ

縛られない ルールに

 

自由よ!

 

これで いいわ

風と空といっしょに

このまま このまま

もう泣き顔も見えないから

 

私がここに ここにいるの

嵐よ荒れよ

 

私の力は空と大地を

私の魂は氷の図形を

吹雪のように結晶をつくる

 

二度と戻らない あの過去には

 

これでいい もういい

暗闇から抜けて

このまま 行くの

いい子なんてもういない

 

光の もとにいるわ

嵐よ荒れろ

 

寒さは怖くないのよ

 

-----------

うーん、やっぱ直訳っぽいですね

国王のセリフとか、戴冠式の歌詞なんかと綺麗に絡められたらいいんでしょうけどね