本日の日記 崇拝編

本日の日記面識編(http://unaccompaniedrequiem.cocolog-nifty.com/blog/)別館です。勢いで作成してしまったので方向性は未定です

インドネシア鉄道計画と日本ダメディアの醜い嫉妬(愚痴です)

※ささくれだっております。

 

M●Sラジオに腹が立ったので殴り書き。

某昼頃にやってる番組で、まあニュースネタをやってるんですけど。

インドネシア高速鉄道計画とその遅延に関してのネタが、色々と差別意識丸出しでひどすぎます。

 

国内政治の批判に関してはそこまで間違っているとも思えないので国際ネタは聞かないということで対応していたのですが(他の番組がつまらん…)。

今日の出だしというか、内容紹介の時点でもう。

 

「ざまーみろ!それ見た事か!というわけで、インドネシア鉄道で日本にまた擦り寄ってきた、という内容です!」

 

バカじゃないんでしょうか。

この番組、以前にもインドネシア鉄道でのネタをやっていたんですがその内容と言うのが要するに

1、インドネシアでの鉄道建設工事予定が遅延している

2、インドネシアは日本からではなく中国から工事を受注した

3、つまり中国に騙されている

という見事な残念さ加減です。

 

とはいえ恥ずかしながら自分もこの問題についてちゃんと知らなかったので色々と見てみたのですが、実際のところ

1=遅延と言うか見切り発車。そもそも工事遅延は中国だから、ではなく別の問題

2=日本が断られたのは自業自得。高いのと、実績があまりないのに強気な値段

(直接関係はないけど中国の企業であって国ではない。中国の国営企業なのでほぼ中央政府の意思通りだろうけど)

というわけらしいんですな。

とはいっても自分が参考にしたソースが本当に正しいかどうか、そこはわかりませんが。インドネシアの現地語はわからないので…。

 

で、そうなるとこうなるのではないかというのが、

3=インドネシアに失礼すぎるし、商売の話を蹴られたからと言って顧客を馬鹿にする阿呆がどこにいるんだという点で日本にも失礼、そして中国にも失礼。

……………。

せっかく僕チャンが作ってあげるって言ってるのに中国にとられた!インドネシアのけち!

って言ってるようなもんではないのでしょうか…。

たかだか商談一つ蹴られたくらいで、中国が悪いインドネシアが悪い僕わるくないモン、とかいうのが自称経済大国の姿勢なのか。

ぼくちゃんくやしぃいいぃいいきぃいいい、ですか?

 

これを、ラジオで、恥ずかしげもなく!言うんですよ…。

というかですよ、これを在日本インドネシア国籍の人とかが聞いていたとしたらどう感じるのか。

まず誰に対してざまあみろなんだと。お前がざまあねえよ!

つか中国のせいで遅延してるわけでもなんでもねえじゃねえかよ!

こないだ!専門家とか言ってナントカ新聞の人呼んでたよな!そいつも止めろよ!

どこまでゴミなんだよ!

 

抗議の電話をしようかと思ってしまった。

大阪ローカル局だけあって、お笑いバラエティ系はおもしろいんだけどなあ…。

あと別の番組は政治ネタでもマイルドなので聞いていてためになるんだけど。局ごと切るには情報量がもったいないか…。

それとテレビは比較的冷静ですね。似たようなニュースに対して、東アジアを軽く見る日本の風潮はどうなんでしょう、みたいな警告をちょくちょく入れてくるし。

アリバイ作りかもしれんけどさ。

 

でもこれを野放しにしちゃうのは…。

言論の自由っていったって、嘘はダメでしょう、嘘は。メディアなんですから。

日本のメディアはダメメディア(ダメディア)ではないかと前々から確信はしていたんですが今回の件で完璧に絶望です。最大手アサヒさんすらアレだしな…。

 

しばらくニュース追うのしんどいなあ。

テレビもラジオもつまんねえーや。あーあ。(ふてくされ)

 

 

しりょう:

toyokeizai.net